コナミコマンド
整体とは
 整体(せいたい)とは、脊椎・骨盤・頭蓋骨・四肢等の全身の骨格や
関節の歪み・ズレの矯正と、筋肉や筋膜の調整などを、手足を使った
手技などで行うことにより、痛みなどの症状の改善や緩和、治療を行う
民間療法の一種のことです。「整体術」「整体法」「整体療法」と様々な
呼ばれ方をされる事や中国整体、ソフト整体、気孔整体、美容整体など
多様性が特徴でもあります。

 その多様性は日本武術の柔術や骨法等の流派に伝わる手技療法を
中心とする整体、東洋医学の手技療法を中心とする整体、大正時代に
日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなど欧米からの
手技療法を中心とする整体などに各治療家たちの独自の工夫などが
加えられ益々複雑になっているのが現状のようです。



 そのため●●式整体など、整体の種類は無数となり一般の消費者を
混乱させている一因となっているようです。当サイトは出来るだけ
それら多様な整体のエッセンスを抽出して、誰にでも分かるように
整体を解説できればと考えております。

横山式筋二点療法とは

 
 全身の筋肉(靱帯・筋膜)は、仕事やストレスなどによって疲労が蓄積すると固くしまって、揉んでも、さすっても、また叩いても、引っ張っても中々緩みません。固くしまった筋肉(靱帯・筋膜)は、痛みという信号で知らせてくれます。
 
 つまり、痛いところは筋肉(靱帯・筋膜)が収縮して神経を圧迫している状態です。筋肉(靱帯・筋膜)を緩めてあげれば痛みは消えるのですが、今までのやり方では筋肉(靱帯・筋膜)は容易に緩みにくいのです。
 
 ところが、このように異常に凝り固まって痛む筋肉(靱帯・筋膜)を片手でタッチしながら、同時に、これと関連する筋肉(靱帯・筋膜)の特定部を、もう一方の手指で押圧すると、凝り固まっていた痛む筋肉(靱帯・筋膜)が瞬時に緩み、同時に痛みも消える原理を、治療院の院長でもあった横山紗弥(桂子改め)が昭和60年に発見しましたが、更に、研究を進めて発展させ、治療法として確立したのが「横山式筋二点療法」です。
 
 痛む筋肉(靱帯・筋膜)とその反射筋肉(靱帯・筋膜)の二点を、両手の手指で、同時につなぐ形で刺激して治療するところから命名したものです。
 
 首や背中、骨盤などの骨格のずれや歪みの原因が、骨格を囲む筋肉(靱帯・筋膜)の異常収縮によることが多く、これらの筋肉(靱帯・筋膜)を緩めると、ずれていた骨格が、自然に正常な位置に戻ることから、この療法は、別名「筋肉(靱帯・筋膜)カイロプラクティック」とも呼ばれておりますが、巷間のカイロプラクティックとは全く違ったテクニックです。



横山式筋二点療法
http://www.yokoyama-kin2ten.com/
タグ:整体 整体師 整体院 横山式筋二点療法
【整体とはの最新記事】
posted by カリスマ整体師 at 12:06 | 整体とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。