コナミコマンド
整体とは
 整体(せいたい)とは、脊椎・骨盤・頭蓋骨・四肢等の全身の骨格や
関節の歪み・ズレの矯正と、筋肉や筋膜の調整などを、手足を使った
手技などで行うことにより、痛みなどの症状の改善や緩和、治療を行う
民間療法の一種のことです。「整体術」「整体法」「整体療法」と様々な
呼ばれ方をされる事や中国整体、ソフト整体、気孔整体、美容整体など
多様性が特徴でもあります。

 その多様性は日本武術の柔術や骨法等の流派に伝わる手技療法を
中心とする整体、東洋医学の手技療法を中心とする整体、大正時代に
日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなど欧米からの
手技療法を中心とする整体などに各治療家たちの独自の工夫などが
加えられ益々複雑になっているのが現状のようです。



 そのため●●式整体など、整体の種類は無数となり一般の消費者を
混乱させている一因となっているようです。当サイトは出来るだけ
それら多様な整体のエッセンスを抽出して、誰にでも分かるように
整体を解説できればと考えております。

理学整体とは

 理学整体は、筋肉や関節の可動状態やバランスを調べ、もし可動に制限があったり、バランスが崩れている場合は、そのバランスを調整することで、全身の機能を回復させる調整法です。ですから、ある部位に症状が出ていても、その部位だけを特定して調整するものではありません。
 ある筋肉の状態が異常になると、それが次から次へと他の筋肉や関節に影響を与え、一つの異常が波状的に他の異常を引き起こすのです。こうしたことからも、ある一部分の異常だけに着眼するのではなく、全身状態を調べて調整しなければ、すべての異常は改善されないはずです。

 施術する側の者にとって、異常のある方の訴える痛みやしびれ、その他の不快感は、本人以外は誰も知ることができません。しかし、形の異常、あるいは動きの異常は、すべての施術する側の者のみならず、異常のある方にも生体の異常として理解していただけると思います。ですから、症状にとらわれることなく体全体の異常を調べ、正常な状態に整えて健康な体に戻すことによって、症状を改善しなければなりません。

 そこで整体では、手技を用いて全身のバランスを整えていきます。手術はもちろん、投薬などの医療行為は医師が行わなくてはなりませんが、それ以外に国家資格、公的資格、民間資格による医療系の手技療法として、柔道整復師、按摩マッサージ指圧師、鍼灸師、整体師、カイロプラクター、スポーツトレーナーなどがあります。

 理学整体とこうした他の手技療法の基本的な違いは何かというと、まず、理学整体は東洋医学・漢方医学的なものではなく、ベースは解剖医学などに立脚した西洋医学をベースにした考え方にあります。したがって、理学整体はツボという考え方は一切しませんし、もちろん気の流れなどという経絡施術や気功の考え方とも無縁のものです。

 理学整体の目的とは体のアンバランスを見つけ出し、アンバランスを引き起こしている筋肉の働きを整え、組織は器官が本来持つべき働きを活性化させることにあります。運動機能の障害には、多くの場合、痛みが伴います。他の手技療法は痛みを発する部位、たとえば関節とか骨盤などの歪みに主眼を置いた施術を行いますが、これは理学整体と大きく異なる点です。「骨盤や脊椎などの歪みが痛みの原因ではなく、あくまでも結果であり、体の異常が歪みや痛みとなって現れる。その異常の根源を調整する」
 この考え方が理学整体の根本です。


日本理学整体学会
http://www.nihonrigakuseitai.com/
タグ:運動機能 脊椎 骨盤 構造的 アンバランス 西洋医学 理学整体
【整体とはの最新記事】
posted by カリスマ整体師 at 12:14 | 整体とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。